ホーム施工について > アスファルト面へのアンカー設置

■ アスファルト面へのアンカー設置

テント倉庫SHELLDOMEをアスファルト面などへ設置する場合のアンカー固定の方法の説明です。ここでは標準のアンカーを利用した方法とロングペグ(別途必要)を利用した方法をご紹介します。

期間:標準アンカーもしくはロングペグ(別途購入が必要。短期間設置向け)
メリット:既存のアスファルト面がある場合は設置費用が低い。
デメリット:アンカー箇所のアスファルトをめくり、アンカー用の穴を掘削します。アンカー箇所が多いのでアンカー施工の時間がかかります。

標準アンカーを利用した固定方法

1.ベースパイプを利用してアンカー位置を確認し、アスファルトをハツリ機などでめくり、その位置を掘削します。
アンカー用掘削サイズは日本語補足説明書等をご参照ください。
[注意]
・ベースパイプは左右前後水平になるようにアンカー固定して下さい。
・アンカー位置はベースパイプの現物合わせで位置出ししてください。

 

2.アンカー穴にモルタルを流し込み、アンカーを固定します。
[注意]
・テント倉庫本体の組立はコンクリートが完全に硬化してから行ってください。

 

ロングペグを利用した固定方法

1.ベースパイプを組立する位置に並べ、アンカー位置に振動ドリルなどでペグサイズにあった穴をあけます。ベースパイプアンカー位置にペグを打ち込んでください。

[注意]
・穴を開けずにアスファルトにペグを打ち込むとアスファルトが割れる場合があります。
・テント倉庫のベースパイプは左右前後水平になるようにして下さい。
・ロングペグは仮設用です。1ヶ月程度の短期間利用に適しています。また、風に弱いので、ハイルーフタイプには利用しないでください。また、風が強い場合はテントシートを外す処置などを行ってください。
・ロングペグは付属していませんので、別途ご用意ください。(50cm~70cm以上推奨)ペグがしっかりきく地層まで打ち込んでください。必要に応じて長さを伸ばしてください。

 

ナビゲーション

ご注文はこちら
オートバイ・自転車補完専用設計。バイクガレージ「GAREASY」

新着情報

  • 【ご注意下さい】台風のシーズンが近づいてまいりました。大型台風接近時にはシート取り外す等の各自安全対策をお願いいたします。
  • 【2022夏季休暇のお知らせ】8/11~8/16 弊社夏季休業となります。ご注文は随時受け付けておりますが、ご対応は翌営業日以降となります。シェルドーム最終出荷は8/8まで、出荷再開は8/18から順次対応となります。宜しくお願いいたします。
  • 【GW休暇のお知らせ】4/29~5/1、5/3~5/5 弊社GW休暇となります。ご注文は随時受け付けておりますが、ご対応は翌営業日以降となります。シェルドーム最終出荷は4/27まで、出荷再開は5/9から順次対応となります。宜しくお願いいたします。
  • バーチカル6×6入荷いたしました
  • ※年末年始業務のお知らせ※12/29~1/4は冬期休業の為、お問い合わせ、ご注文については1/5以降のご対応となります。シェルドーム最終出荷12/22まで、出荷開始は1/6からとなります。よろしくお願い致します。
  • ※重要※ 弊社SHELLDOMEを掲載した詐欺オンラインストアが存在する様です。極端に安くSHELLDOME製品が販売されていたりする様です。それらのサイトと弊社とは全く関係御座いませんのでくれぐれもご注意くださいませ。