ホーム施工について > コンクリート基礎(土間基礎)へのアンカー設置

■コンクリート基礎(土間基礎)へのアンカー設置

テント倉庫SHELLDOMEを土、コンクリート基礎(土間基礎)へ設置する場合のアンカー固定の方法の説明です。ここではコンクリート用アンカーを利用した方法を説明します。コンクリート用アンカーは標準で付属していません。オプションよりご選択ください。
SHELLDOMEを設置する上でコンクリート基礎への設置は強度的に一番のおすすめです。また、テント倉庫として利用する際も快適にご利用いただけます。弊社ではコンクリート土間基礎への設置をおすすめしております。

期間:長期設置に適しています。
アンカー:コンクリート用アンカー(別途ご用意ください。オプションで販売もしております。)
メリット:アンカー設置が早い。テント倉庫内の結露が少ない。風に強い。車輌などの収納にも適しています。
デメリット:コンクリート基礎にコストがかかります。

コンクリート用アンカーを利用した固定方法

1.コンクリート基礎を作成します。現状でコンクリート基礎がある場合はそのまま設置可能です。ただし、水平や勾配にご注意ください。
[注意]
・コンクリート基礎は水平で厚さ10cm以上で作成して下さい。
・コンクリート基礎サイズはテント倉庫のそれぞれのモデルのベースパイプ外寸サイズより最低でも20cm以上大きく作成してください。
・コンクリート用アンカーは付属していませんので、別途ご用意ください。オプション販売しております。

 

2.ベースパイプをならべアンカー位置にコンクリート用ドリルで穴を開け、コンクリート用アンカーを設置します。

 

ナビゲーション

ご注文について
オートバイ・自転車補完専用設計。バイクガレージ「GAREASY」

新着情報

  • 移動式テントシェルター「ムービングシェッド」の販売を開始しました。 キャスター付きの移動式テントストレージです。
  • 消費増税に伴い10月1日出荷分より消費税が10%となります。9月下旬は運送会社の荷物が込み合い出荷が出来なくなる可能性がありますので、お早めにご注文をお願いします。なお、運送会社の都合により10月1日以降の出荷となった場合は消費税が10%となりますので、ご了承の程お願いいたします。
  • アコーディオン式のテント式ストレージベローズシェッドの販売を開始しました。
  • 台風の季節となりました。台風など強風が予想される場合は必ず、シートを外すなどの対応を行ってください。 ※本製品には天災による製品保証及び損害補償は付帯しておりませんので、改めてご了承ください。
  • 在庫切れシェルドーム製品が入荷いたしました。
  • 在庫切れシェルドーム製品が入荷いたしました。