ホーム施工について > 土、砂利面へのアンカー設置

■土、砂利面へのアンカー設置

テント倉庫SHELLDOMEを土、砂利面などへ設置する場合のアンカー固定の方法の説明です。ここでは標準のアンカーを利用した方法とロングペグ(別途必要)を利用した方法をご紹介します。

期間:短期~長期設置に適しています。
アンカー:標準アンカーもしくはロングペグ(別途購入が必要。短期間設置向け)
メリット:設置費用が低い。
デメリット:アンカー箇所が多いのでアンカー施工の時間がかかります。土、砂利面への設置は環境にもよりますが、地面からの湿気によりテント倉庫内部の結露が多く発生する場合があります。

標準アンカーを利用した固定方法

1.ベースパイプを利用してアンカー位置を確認し、その位置を掘削します。アンカー用掘削サイズは日本語補足説明書等をご参照ください。
[注意]
・ベースパイプは左右前後水平になるようにアンカー固定して下さい。
・アンカー位置はベースパイプの現物合わせで位置出ししてください。

 

2.アンカー穴にモルタルを流し込み、アンカーを固定します。
[注意]
・テント倉庫本体の組立はコンクリートが完全に硬化してから行ってください。

 

ロングペグを利用した固定方法

1.ベースパイプを組立する位置に並べ、ベースパイプアンカー位置にペグを打ち込んでください。

[注意]
・テント倉庫のベースパイプは左右前後水平になるようにして下さい。 ・ロングペグは仮設用です。1ヶ月程度の短期間利用に適しています。また、風に弱いので、ハイルーフタイプには利用しないでください。また、風が強い場合はテントシートを外す処置などを行ってください。

・ロングペグは付属していませんので、別途ご用意ください。(50cm~70cm以上推奨)ペグがしっかりきく地層まで打ち込んでください。必要に応じて長さを伸ばしてください。

 

ナビゲーション

ご注文はこちら
オートバイ・自転車補完専用設計。バイクガレージ「GAREASY」

新着情報

  • 製品各種入荷いたしました。予約頂いた方は6/5より順次発送いたします。
  • 【2023GW休暇のお知らせ】4/29~5/7まで配送が止まります、ご注文は随時受け付けておりますが、受注認証や質問のご回答等は5/1,5/2,5/8より順番にご対応させていただきます。
  • 2023.4 コンテナシェルター20ft,40ft共に次回入荷数が予約で埋まりました。ありがとうございました。
  • いくつかの商品で在庫切れがおきておりご迷惑をおかけしております。次回入荷は2023年5~6月を予定しております。遅延の可能性もございますのでご了承くださいませ。
  • バーチカルタイプ 数台追加入荷いたしました。
  • ※重要※ 弊社SHELLDOMEを掲載した詐欺オンラインストアが存在する様です。極端に安くSHELLDOME製品が販売されていたりする様です。それらのサイトと弊社とは全く関係御座いませんのでくれぐれもご注意くださいませ。